食事処

食事、料理に関連したサイトです

セブンイレブンのハンバーグ369円が異世界レベルの激うまらしい

13   2017/08/22(火) 01:47:12.26

よし、明日の晩飯はこれにする


続きを読む

接客業のバイト始めて思ったんだけど日本人の民度ってそんなに高いかな?

  2017/08/19(土) 11:43:59.46

他所の国は知らんけどさ



続きを読む

【イカ離れ】「いか」を食べなくなった日本人 その理由は・・・

ばーど ★ 2017/08/21(月) 18:09:29.80

「魚離れ」とよく言われているが今に始まったことではない。

2001年からじわじわと減少の一途なのだ。
そこで外務省の方からFAO(国連食糧農業機関)に聞くのが最も確かな数字ということで、問い合わせしたところ、魚介類の一人当たりの年間消費量の30年間の推移では、2005年までは日本は世界的にみて、魚介類の消費量は断トツに1位を維持していた。しかしその後2006年には韓国、2010年にはノルウエーに追い越され、魚の消費量は3位となっている。ちなみに4位が中国、5位がEUとなる(国連食糧農業機関、「Food Balance Sheets] 参照)。

このところ巨大な人口を持つ中国の消費量が1995年からじわじわ増量している。中国では流通のインフラが整備されてきており、その為、随分以前から買い負けが起こっている。一人一人の消費量が増加すれば、今後はますます日本の魚の価格はアップしていくであろう。
とはいえ、その前になぜここまで日本人が魚から離れていったのだろうか。

■スーパーでも肉は好調、一方、魚は売れない

スーパー関係者に聞いてみると、 「確かに魚が売れないのですよ、肉は売れるんですけど・・・・」

「魚惣菜を中心にし、その中に「刺身」を販売するという逆発想も必要かも・・・」といった声も聞かれる。
そこで水産庁の平成25年に実施した消費者モニター自由回答をみてみることに。

魚を食べるメリットとして
?健康的
?季節感を感じることができる

魚を購入した際のデメリットとして
?魚のメニューで思い浮かべてもレパートリーが少ない
?肉に比べ割高感がある
?生ごみが発生しやすい
?日持ちがしない

小売りの方々も生ごみ問題は認識されており、 「ごみ日の前日は鮮魚の売り上げがアップするのです」

■魚から肉食へ変わっていく日本人

そこで魚の購入をより詳しく見てみると、日本人の一人当たりの消費量の内容では2001年をピークに2009年以降、肉にシフトしていることがわかる。

1人、1年あたりの消費量:農林水産省「食料需給表」



このほかに、農林水産省が平成25年に消費者モニターによるアンケートを実施された内容を見ると、平成9年(1997年)と平成25(2013)年2月では、魚を食べる頻度が高い者(「週に4〜5回位」又は「ほぼ毎日」魚を食べる者)の割合が49.9%から32.1%と17.8%減少している。そして外食でも肉類より魚介類を選ぶとする消費者が減ってきているのだ。

■イカが1位から4位に陥落

さて家計調査2016年魚の購入量を種類別で調べてみた。 2000年から辿ってみると、NO1だったイカがなんと4位に陥落しているのだ。

1人当たりの年鑑購入数量 その推移 総務省「家計調査年報」2世帯



※以下省略 見出しのみ 全文はソース先をお読み下さい

■イカはレジームシフトに影響を受けやすい

■レジームシフトとはなにか

■高齢化によるイカ離れ

■魚における栄養から訴求

8/21(月) 14:12
https://news.yahoo.co.jp/byline/ikedaeri/20170821-00074638/


続きを読む
ギャラリー
  • 4日漬け込んだマグロ開封していくで!
  • 4日漬け込んだマグロ開封していくで!
  • 4日漬け込んだマグロ開封していくで!
  • 4日漬け込んだマグロ開封していくで!
  • 4日漬け込んだマグロ開封していくで!
  • 4日漬け込んだマグロ開封していくで!
  • 4日漬け込んだマグロ開封していくで!
  • 接客業のバイト始めて思ったんだけど日本人の民度ってそんなに高いかな?
  • 【イカ離れ】「いか」を食べなくなった日本人 その理由は・・・
最新コメント