食事処

食事、料理に関連したサイトです

松屋のとんかつ業態,味つけの違う2枚のカツを1度に食べる「ダブルロースかつ定食」を発売!

ばーど ★ 2017/11/22(水) 16:55:43.31




松屋フーズのとんかつ業態、松のや・松乃家・チキン亭の63店舗限定で、「ダブルロースかつ定食」を2017年11月22日(水)15時から発売します。なお、導入店舗では、すすきの店を除き「厚切りロースかつ定食」の販売が終了します。

松のや1番人気の熟成豚ロース肉を使用した「ロースかつ」がドドンと2枚。さらに、ライス大盛無料サービスとなっています。また、「ロースかつ」と大根おろしがのった「おろしロースかつ」の組み合わせや、八丁味噌風の味噌ダレがかかった「味噌ロースかつ」との組み合わせも用意されているので、一枚づつ違う味でも楽しめます。なお、持ち帰り出来ますが、持ち帰りにはみそ汁はつかず、別途50円で購入できます。

【商品名】(税込)
ダブルロースかつ定食(ライス・みそ汁付) 723円(税抜)
ロースかつ&おろしロースかつ定食(ライス・みそ汁付) 815円(税抜)
ロースかつ&味噌ロースかつ定食(ライス・みそ汁付) 815円(税抜)
おろしロースかつ&味噌ロースかつ定食(ライス・みそ汁付) 908円(税抜)

配信2017/11/22 10:22
ネタとぴ
https://netatopi.jp/article/1092889.html

他ソース
味つけの違う2枚のカツを1度に食べる「ダブルロースかつ定食」―松乃家で
https://internetcom.jp/203770/double-katsu-plate


続きを読む

ファミマに“白いおでん”初登場!真冬のコンビニおでん離れに一手

ひぃぃ ★ 2017/11/22(水) 11:33:55.62

おでんの売上は真冬に最も伸びると思われがちだが、コンビ二の場合はどうも事情が違うらしい。

ファミリーマート商品本部ファストフーズ部の担当者によると、コンビニおでんのピークは9月。その後は月を追うごとに、売上が落ちてしまうそうだ。消費者に飽きられてしまうことが、理由の1つだという。

寒さが厳しくなるこれからの季節に、どうにかして温かいおでんを食べてほしい。そんな思いから生まれたのが、ファミリーマート初の試みとなる冬季向けおでん「塩ちゃんこおでん」だ。

同社は今年8月、澄んだ“黄金つゆ”を前面に打ち出し、おでんの販売を開始した。

ところが、この冬発売される「塩ちゃんこおでん」は、澄んでいないどころか、白濁したスープが特徴。濃厚な鶏白湯スープをベースにゴマやショウガの風味を加え、塩ちゃんこをイメージしている。

11月28日(火)以降は、全国のファミリーマート・サークルK・サンクス約1万8000店で、この“白いおでん”に切り替え販売を行う。

さらに、鶏白湯スープと相性の良い、新たな具材も続々と導入。11月28日(火)には「手揚げ風油揚げ」(80円)と「4種野菜のしのだ揚げ」(120円)、12月5日(火)には「焼豆腐」(90円)が登場する(すべて沖縄県を除く)。スープの染み込みやすさや、野菜を多く使用することにこだわったラインアップだ。

発売に先駆けて「塩ちゃんこおでん」を試食してみたところ、鶏の出汁が生きたスープはまろやかでコクがあり、ついもう一口飲みたくなる絶妙な塩加減。残ったスープにご飯や麺を入れて食べても良さそうだ。ちなみに薬味は柚子こしょうが一押し。

実はファミリーマートが一風変わったおでんを販売するのは、今回が初めてではない。今年5月には“赤いおでん”と銘打ち、激辛チゲスープを使った「旨辛おでん」を一部店舗で展開。暑い時期にも関わらず、好評を博したという。

赤と白。縁起の良い紅白のおでんに、売上が落ち込むシーズンの救世主としての期待がかかる。【ウォーカープラス編集部】(東京ウォーカー(全国版)・水梨かおる)

11/22(水) 6:00配信 東京ウォーカー
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171122-00128691-tkwalk-life

画像



続きを読む

リンゴ園悲鳴「バイトが足りなくて手回らない…時給750円なのに・・・」

nita ★ 2017/11/21(火) 14:13:11.13

11/21(火) 13:36配信

 リンゴの主産地、青森県津軽地方一円で、労働力不足が深刻化している。葉取り、収穫などの繁忙期にはアルバイトを雇う農家も多いが、頼りにしていた人から高齢などを理由に断られると、なかなか次の人が集まらないのが現状という。リンゴの収穫作業を体験しながら、労働力不足を考えた。

 11月上旬、板柳町の農地所有適格法人「晨(とき)」のリンゴ園。雨交じりのなか、収穫作業を手伝った。

 収穫したのはサンふじ。早ければ10月下旬に収穫が始まり、11月いっぱいかけてもぎとる。長く樹上にならせたままでも問題ない品種だが、日々寒さが厳しくなり雪が積もると作業に支障を来すため、農家はもぎとりに精を出す。1人で作業できる広さは約30アールとされる。

 晨取締役で元板柳町職員の石澤雅人さん(61)に指導を受けた。たわわに実ったリンゴを傷つけないよう、また、つるを枝に残さないようもぎ取り、手かごに入れていく。手かごがいっぱいになったら台車に積み込み、選果する作業員の元に運ぶ。この繰り返しだ。

 立った姿勢で手元のリンゴをもぐ作業は楽だ。リンゴを手のひらで包み、つるの根元に力が加わるように傾けていくと「プツン」と心地よい感触を残して枝から離れる。手かごはすぐにいっぱいになる。

 はしごを使った作業は雨で滑りやすく慎重さが必要になる。高い位置のリンゴをもぐと、つる元のくぼみにたまった雨水が実を伝って袖口に入り込み、徐々に寒さが身にしみてくる。高齢者には、つらい作業だろう。

 「楽をしよう」としたときだった。はしごを移動するのが面倒になり、少し遠くの実に狙いを定めて手を伸ばした。無理な角度でリンゴに力を加えたために、「すぽん」とつるが抜け、枝に残ってしまった。こうした、つるのないリンゴは商品価値が下がってしまうという。

 午前中いっぱい作業に従事した。晨の時給は750円。給料に換算すると日給6千円、月収だと約12万円ほど。臨時社員やパートならば仕事先として選択肢になるだろうが、常勤で考えた場合は、不安が残る。

 リンゴ産業の現場では人手不足を機械化、省力化で対応してきたが、限界にきている。労働力不足の要因には農家の高齢化に加え、繁忙期が偏り通年の仕事がないという、働く側と農家のニーズが合致しづらい事情もある。栽培技術が進み高品質なリンゴを収穫するための葉取りやつる回しといった手間が掛かる作業が増えたことも労働力不足に拍車を掛けているという。

 労使のマッチングを図ろうと、津軽みらい農協営農経済本部(黒石市)は「無料職業紹介所」を開設しているが、17年4〜10月の実績は農家からの求人6件に対し求職は4人。条件が合致して雇用されたのは1件だった。

 晨の舘岡一郎社長(74)=前板柳町長=は「労働力不足は農家の高齢化と後継者不足が一番の要因。働き盛りの時に園地を拡張してきた人たちが高齢化して手が回らなくなっている」と指摘。「農家は忙しいときに働き手がほしい。労働者は一年を通じて働きたい。双方をうまくつなぐ仕組み作りがいまの課題」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-21133635-webtoo-l02


続きを読む
ギャラリー
  • 【動画】カップヌードル新CM、サザエさんが新海風の絵柄になってて草ww
  • 【動画】カップヌードル新CM、サザエさんが新海風の絵柄になってて草ww
  • 【動画】カップヌードル新CM、サザエさんが新海風の絵柄になってて草ww
  • 【動画】カップヌードル新CM、サザエさんが新海風の絵柄になってて草ww
  • 【動画】カップヌードル新CM、サザエさんが新海風の絵柄になってて草ww
  • 【動画】カップヌードル新CM、サザエさんが新海風の絵柄になってて草ww
  • 【動画】カップヌードル新CM、サザエさんが新海風の絵柄になってて草ww
  • 【動画】カップヌードル新CM、サザエさんが新海風の絵柄になってて草ww
  • 【動画】カップヌードル新CM、サザエさんが新海風の絵柄になってて草ww
最新コメント