食事処

食事、料理に関連したサイトです

中国産の”痩せる緑茶”を飲んだ少女、重度の肝炎で黄疸に…原因は農薬か化学物質か

:キャプテンシステム ★ :2015/09/26(土) 15:14:54.45 ID:???

16歳の少女が緑茶を飲んだところ、めまい、吐き気、胃の痛みなどを感じ、
最終的には重度の肝炎で肌が黄色になる黄疸に苦しむことになるというニュースが報じられました。

少女は肝炎を引き起こすウィルスなどの接触の可能性…
輸血や海外旅行をしたことはなく、原因は中国の「減量茶」であったと言います。

少女は痩せるというお茶を購入し、数か月にわたって毎日3杯飲んでいたとのこと。
「何が起きたかわからなかった。
 入院して検査をしました。
 待っていたのは恐ろしい検査結果でした。」
「お茶を飲み始めた後に起きたことです。お茶が原因に間違いありません。」
「私はもうネットでお茶を購入しないわ。」

医師がお茶を飲むのを止めさせ、また治療の甲斐もあって少女の容態は安定したそうです。
また検査の結果、カメリアシネンシス(お茶の木)が病気を引き起こす原因であることを突き止めました。

医学文献では緑茶やその成分にに起因する肝臓障害が数十件報告されています。
重症例では肝移植が必要なほど悪化したとのこと。
ただしそれでも緑茶自体は優れた抗酸化作用を持つ健康的な飲み物として認められています。

今回のケースでは「減量茶」として含まれていた何らかの化学物資、または農薬が原因である可能性があったと結論付けられました。

Teenager who drank three cups of green tea a day develops hepatitis and turns YELLOW due to liver damage
http://www.dailymail.co.uk/health/article-3247325/Teenager-drank-three-cups-green-tea-day-develops-hepatitis-turns-YELLOW-liver-damage.html


続きを読む

「バーベキューしながら気軽に就職活動しよう」

:ナス八 ★ :2015/09/10(木) 01:21:23.54 ID:???

バーベキューで気軽に就職活動
http://www3.nhk.or.jp/matsuyama-news/20150909/3700891.html


来年春に卒業する大学4年生などを対象にした企業の採用活動が先月から解禁され、今、学生たちは就職活動の真っ最中です。
そんな中、松山市で、ユニークなスタイルの就活イベントが開かれました。
松山市の野外活動センターで開かれたイベントに参加したのは、来年春の就職を目指す大学生など18人と、食品製造や小売業など愛媛県内の企業10社です。
参加者の全員が私服姿で、バーベキューでは普通ですが、就職活動のイベントとしてはかなり異色です。
イベントを主催したのは、若者向けに就職支援を行っている愛媛県若年者就職支援センター、「ジョブカフェ愛work」。
学生たちに、愛媛の企業、特に魅力的な中小企業を知ってもらい、就職活動での視野を広げてもらおうと初めて企画しました。
まずはレクリエーションでお互いの緊張をほぐし、打ち解けたところで、学生と企業側がそれぞれ数人ずつ入るようにグループを作ってバーベキュータイムとなり、メンバーが火起こしから一緒になって取り組みました。
ともすれば企業側が学生側より優位に見られがちな就職活動ですが、この場では上も下もなく、「バーベキューを食べる」というただひとつの目的を目指して全員が動き、通常の就職活動ではなかなか見られない、打ち解けた雰囲気がひろがりました。
バーベキューのあとは、改めて企業から学生たちにアピールタイムがあり、最初は緊張感がにじんでいましたが、打ち解けると学生側からなかなかしづらいような質問や悩み相談も出るようになりました。
主催者によりますと、イベント参加前は興味がある会社が1つくらいといっていた学生たちも、イベントの後は興味があるのが4社5社と増えたそうです。
主催者は、10月31日にも同じようなイベントを松山市の野外活動センターで開催することにしているということです。


続きを読む

自宅で栽培したイヌサフランを食べた高齢女性が食中毒で死亡

:野良ハムスター ★ :2015/09/26(土) 00:39:20.27 ID:???

山形県は25日夜、自宅の庭で栽培していたイヌサフランを食べた
山形市内の高齢女性が23日に食中毒で死亡したと発表した。

発表によると、女性は22日午後4時ごろ、自宅で生のイヌサフランを食べた後、
吐き気や嘔吐(おうと)などの症状が表れた。23日午前0時ごろ、市内の医療機関を受診し、
入院して治療を受けたが、同日午後4時30分ごろ、死亡した。

村山保健所が調査したところ、女性がイヌサフランを食べたと話していたうえ、嘔吐物から、
この植物の有毒成分であるコルヒチンが検出されたことから、イヌサフランによる食中毒と断定した。

県によると、この女性宅では観賞用にイヌサフランを栽培していたという。

http://www.asahi.com/articles/ASH9T7RMDH9TUZHB00L.html



続きを読む
ギャラリー
  • 魚の食べ方が汚い奴向けの練習アイテム→
  • 魚の食べ方が汚い奴向けの練習アイテム→
  • 【悲報】 理科のアルコールランプさん、こいつに取って代わられた模様…………
  • 新幹線にファストフードを持ち込み激怒された母親 「やめてほしい」と賛否両論
  • 鮮魚売り場に「大量のアイスモナカ」が占拠する事案が発生!
  • 鮮魚売り場に「大量のアイスモナカ」が占拠する事案が発生!
  • 【朗報】すき家がおでん発売 5個で250円と激安!!
  • インドカレー屋の潰れなさ率は異常
  • インドカレー屋の潰れなさ率は異常
最新コメント